館主の日記

オーベルジュ協会

2010/03/17| 10:41 AM | Category : 宿, 館主の日記

オーベルジュ協会の会合に出席するため東京へ。
久しぶりに、協会理事長であり、箱根のオーベルジュ「オー・ミラドー」の勝又登さんにお会いできました。

懇親会のテーブルでは、札幌のフレンチレストラン「モリエール」のオーナーであり、真狩村のオーベルジュ「マッカリ-ナ」の取締役でもある、中道博さんと同席。
食材への思い、農家や農協とのかかわり、地産地消などについて思いの共有ができました。 






中道博さんとは・・・

北海道を代表するフレンチシェフ。高校卒業後、札幌の一流ホテルでフランス料理を学び、その後渡仏。1978年世界料理人オリンピックで金賞受賞。帰国後札幌にフランス料理店「モリエール」を開店。その後、さまざまなレストランの展開やプロデュース、料理集団「ラパンフーズ」の立ち上げなど、地元北海道の素材や料理にこだわった活動を精力的に行っています。

地元にある貴重な食材を活かし、美味しい料理として提供することの楽しさを再認識。
全国各地のオーベルジュのオーナー、シェフと交流する機会をいただいたことに感謝です。




*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   

by Maki No Oto | Comments (0)


Trackback URL



Comments



投稿

feed 先頭へ