館主の日記

餅つき

2009/12/30| 9:00 PM | Category : 宿, 館主の日記

毎年12月30日は「餅つき」です。
今年は、午後から二臼を搗き、お鏡餅、伸し餅、あんこ餅を。

毎朝ご飯を炊いている土間の「かまど」・・今日は蒸篭でもち米を蒸します。
蒸しあがったもち米を臼に入れて、杵でぺったん、ぺったん・・
搗きあがりの餅は、すごく熱いので、ちぎって形を整えるのが一苦労です。

昔(40年くらい前)は、親戚の餅もあわせ、15臼くらいは搗いていました。
朝から搗き始め、お昼ごろまでかかったような記憶があります。




*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   

by Maki No Oto | Comments (0)


Trackback URL



Comments



投稿

feed 先頭へ