夏らしさ・・・紗の暖簾

2010/07/18| 5:47 PM

「薪の音」のある南砺市城端は越中の小京都と呼ばれています。
江戸時代より絹織物で栄えた城端・・・毎年5月に開催される「城端曳山まつり」は文化の香りが感じられる素晴らしいまつりです。
今では絹を織っていらっしゃる工場は1件だけになりました。

梅雨があけると、レストランの個室に夏らしい暖簾をかけます。
以前、「じょうはな織館」にお願いして作っていただいたもの。

s- 001
とんぼ、めだかの模様が夏らしいですね。

s- 002
s- 004

by Maki No Oto | Comments (2)


Trackback URL



Comments

18日にお世話になりました 河上です
体調が良くなかったけれど
なぜか楽しく
なぜか安らぎ
なぜかとても良い心地の旅となりました
前庭 暖炉 盆栽
そして極めつけ 薪の音?
ご主人や女将さんの気さくな心使い
お料理は 上品でとても美味しい
美味しいものを少しづついろいろ欲しい私たち・・・
現実に戻ってもなお 良かったね 良かったねと
思いを馳せております
こんなデリケートな私ですが
またの機会にはあたたかく迎えてやってくださいませね

皆々様 
この夏ゆえに
お身体に気をつけていただき
すてきな思い出のお手伝いをよろしくお願いいたします
それとうちの主人が「ワインごちそうさまでした」
と言っておりました

2010/07/23 12:21 PM | 河上 泰子

このたびのご宿泊、誠にありがとうございました。
ご体調がすぐれない中でのご滞在でしたが、ごゆっくりとお寛ぎいただけたでしょうか。

今年は類を見ない猛暑ですが、どうぞお体ご自愛ください。
また、お会いできる日を楽しみにしております。

2010/08/04 11:49 AM | YAMAMOTO

投稿

最近の記事

月別アーカイブ

季節のおすすめプラン予約
メディア情報
館主の日記
  • 館主のFacebook
空室照会
feed 先頭へ