館主の日記

営農組合役員会

2010/01/31| 10:31 AM | Category : 地域のイベント, 館主の日記

昨年は、冷夏で不作の年でしたが・・・「野口営農組合」は黒字の決算となりました。
お米の売上は600万円ほど下がりましたが、国からの奨励金があったり、減収にかかる共済金などもありました。
また、経費節減の効果もあったようです。

ただ、今年からの農業政策(米の需給調整、直接支払い制度・・・)に未確定要素が多く、先行きは不透明。
私たちにできることは、安全でおいしい米を心を込めて作りつづけることだけです。

「美味しいご飯でした」と言って、お土産としてお米をご購入いただく機会が多くあります。
里山の風景とおいしいお米を大切にしたいものです。


 山からの清流で育む野口のお米・・・用水の左側は我が家の田んぼです。




*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   

by Maki No Oto | Comments (0)


営農組合 決算の準備 

2010/01/29| 2:12 PM | Category : 地域のイベント, 館主の日記

野口営農組合の会計年度は2月から1月です。
この時期になると、1年間の伝票チェックや、奨励金の処理、減価償却試算の登録、決算見込みの作成などの仕事がやってきます。
29日の夕方に役員会を開催することが決まりましたので、税理士さんとの事前協議なども・・・

2年前に事務局の役割は終わっているのですが、組織が生まれた20年以上も前から、経理にかかわっているのでついつい・・・
来年は、集落の区長という大役もまわってくる予定なので、一区切りしたいところなんですが。






*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   

by Maki No Oto | Comments (0)


喜瀬別邸

2010/01/27| 11:16 AM | Category : 館主の日記

今回の沖縄旅行は「喜瀬別邸」での滞在が目的でした。
水族館や植物園、桜の花見も楽しめましたが、なによりもホテルでの滞在に満足しました。

スタッフとお客様との距離感もなかなかのものです。
若いスタッフが多いことで、一生懸命さが素直に現れていることもメリットとして感じますね。

アロママッサージの心地よさ、計算しつくされた建築の美しさ、スタッフの温かさ・・・
担当のバトラーに「ホテル外のレストランで食事をしようかと思っています」と伝えると、お店の予約はもちろんのこと、レストランまでの送迎まで申し出てくれました・・・たいしたものです。
  
久しぶりに「もっと滞在していたい」と思わせる良いホテルに出会えました。












*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   

by Maki No Oto | Comments (0)


リストランテ「ちゅらぬうじ」

| 11:01 AM | Category : 館主の日記

喜瀬別邸内にあるリストランテ「ちゅらぬうじ」でのディナーが、もうひとつの楽しみです。  
HPでの紹介は・・・東京・銀座「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」オーナーシェフの落合務氏を料理顧問に迎え、島独特の食材の個性を引き出した「新しい沖縄の味」を目指したレストランとのこと。

落合努氏には、10数年前にかかわった地元レストランに関する件で、城端においでいただき町をご案内したり、銀座のお店にもお伺いし何度かお話させていただいたことがあります。
当時から「ラ・ベットラ」は予約が取れないレストランとして有名なレストランでした。 銀座のお店の前でランチ席の順番待ちをしたことも覚えています。






さて、とても楽しみなディナーについて・・・

銀座のお店とはまったく違うイメージの空間、料理の見せ方に驚きました。
地元食材の利用が、ちょっと少ないような気がしましたが、美味しい料理です。








*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   

by Maki No Oto | Comments (0)


沖縄へ

| 10:31 AM | Category : 館主の日記

ようやく「薪の音」の冬休み・・・
毎年、1月下旬にまとまったお休みを頂戴し、日頃から体験したいと思っていた、宿泊施設、レストランなどを訪問します。
お客様の評価が良い施設、サービスを体験することで、意識が高まることも期待しつつ・・・

今回は、心と身体の静養も兼ねて、暖かな場所を選びました。
目的のホテルは「喜瀬別邸」です。

小松空港8:55発の便を利用すると、那覇空港には11:30に到着。
空港でレンタカーをピックアップ、途中でランチを楽しみながらも、ホテルには14:00到着。

建物に入り感じる第一印象・・・静かで美しいホテルです。
スタッフの皆さんから感じる、ウェルカムの空気も柔らかで良い印象・・・

ホテルのお話の続きはまた明日・・・


 

 








沖縄は本州の4月ごろの気候で、「八重山桜」が咲き始めています。
世界遺産の今帰仁城跡では桜まつりが開催中。


 



*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   

by Maki No Oto | Comments (0)


ため池百選の選定

2010/01/23| 11:49 AM | Category : 館主の日記

農林水産省では、1月8日から2月8日までの1ヶ月間、「ため池百選」を選定するための投票を受け付けています。
私たちの住む城端の代表的なため池「桜ヶ池」が百選のひとつに選ばれることを願い、インターネットから投票をしました。

桜ヶ池は昭和29年に完成し、地域の用水不足や干ばつ解消に大きな役割を果たしています。
また、北陸最大の農業用ため池として、水辺景観も素晴らしく、地域住民の憩いの場所として愛されている公園でもあります。

投票方法は簡単です。 どなたでも投票できますので、ご協力をお願いします。

  農林水産省 ため池百選一般投票サイト





*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   

by Maki No Oto | Comments (0)


良いお天気です

2010/01/22| 12:45 PM | Category : 館主の日記

お客様とともに、五箇山の相倉集落から菅沼集落、白川郷などへ。
お天気に恵まれて、素晴らしい雪の合掌集落を堪能いただけました。
白川郷では、朝から断水とのことで、トイレが使えなかったり・・・
予定の蕎麦やさんも、突然の断水で臨時休業になるなどのハプニングはありましたが、無事に高岡駅までお送りしました。

夕方からは、金沢で仲間と打ち合わせ。
その後は、長町2丁目にあるタイ風ヌードルの店へ。
古き佇まいを残した屋敷を活用した「隠れ家」。
このお店の詳細は後日にでも報告します。

楽しい時間とともに、ついついお酒も進んでしまいます。
久しぶりに金沢泊まりとなりました。




*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   

by Maki No Oto | Comments (0)


通行止め

2010/01/20| 11:24 AM | Category : 館主の日記

両親、東京の叔父さん、子供たちといっしょに、白川郷の合掌集落を見学に行く予定でしたが断念!!
10時半ごろに福光インターに行くと、福光ー五箇山IC間が事故のため通行止めとのこと。
国道304号は雪崩があり、五箇山へ行くこともできません。

お昼ご飯は、白川郷の蕎麦やさんをキャンセルし、城端別院前の「かねしま」で「ひつまぶし」「手づくり豆腐」をいただきました。
ここのうなぎと豆腐は、いつも美味しくいただけます。
それにしても、城山展望台から見える、雪の合掌集落を見せてあげたかったなあ・・・


朝のレストランから見える雪景色です。



  

*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   

by Maki No Oto | Comments (0)


法事

2010/01/18| 5:40 PM | Category : 館主の日記

お日様の光が嬉しい一日。
夕方から、亡き祖母の13回忌の法要をさせていただきました。  
「薪の音」の和室、ロビー、客室、レストランを貸しきりにしての法事です。

三帰依文、佛説観無量壽経、三淘念仏和讃などを「お東門徒法事勤行集」を見ながら唱えさせていただきました。

その後、お寺さん、父の兄弟など、親戚縁者20名ほどで会食。
月忌参りをお願いしている報土寺のご住職は、大谷大学の学長さんです。
ためになるお話をたくさん聞かせていただき、時間が過ぎるのも忘れるほど・・・

なまんだぶ、なまんだぶ・・・








*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   

by Maki No Oto | Comments (0)


寒い寒い一日です

2010/01/14| 7:17 PM | Category : 館主の日記

久しぶりに氷点下の気温です。
夕べから降り積もった雪は、40センチくらいでしょうか。
気温が低いので、サラサラの雪。
昔ならスキーやボードに行こうかと思わせるような雪質です。

こんな日は、宿の周辺道路及び駐車場の除雪作業も時間がかかります。
6時30分からはじめて、終わったのが9時・・・2時間半かかりました。  

雪の里山ですが、道路及び駐車場は大丈夫ですので、ご安心を!!




*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   

by Maki No Oto | Comments (0)


feed 先頭へ