館主の日記

春まつり

2012/03/31| 9:20 AM | Category : 地域のイベント, 館主の日記

__
古い神社を取り壊し、木を伐採したお宮さんの敷地です。

3月31日は、私たちの集落「野口」の春祭りです。
祭りといっても、獅子舞や屋台がでることはなく、野口稲荷神社にお詣りするだけ。
それぞれが、お供え用のお米、お酒を持参します。

神社は建て替えのため、昨年秋に取り壊しましたので、現在、神様は公民館に。
15:00からのお詣りも公民館で行います。

雪解けとともに、抜根や整地などの工事もはじまり、来年の秋には新しい神社が完成する予定です。

by Maki No Oto | Comments (0)


家庭画報 【日本が誇る「名宿」遺産】 掲載 特別プラン

2012/03/19| 5:29 PM | Category : お知らせ&キャンペーン情報, 宿, 館主の日記

__

家庭画報2月号「日本が誇る名宿遺産」に掲載いただいたことを記念して設定した、世界遺産「相倉集落」観光案内付きの特別プランが好評です。

ご宿泊の当日又は翌日に、世界遺産の相倉集落を観光できるということで、電車でご来館されるお客様には便利だと思います。

このプランは館主がご案内しますので、相倉までの道中に「城端」や「五箇山」のお話も楽しんでいただけます。


このプラン、当初は3月末までの設定でしたが、好評につき7月31日まで延長する予定です。
ただし、土曜日及びゴールデンウィーク期間は除外となります。

by Maki No Oto | Comments (0)


あの日から1年

2012/03/12| 7:38 PM | Category : 四季, 館主の日記

2012
あの日から1年。
昨日は大震災から1年経過した被災地の状況、人々の思い・・・
いろいろと伝えられています。

私たち日本人に、もう一度ゆっくりと考える機会を与えてくれた出来事。
原発のあり方、エネルギーについて、暮らし方や生き方・・・
地域での暮らし方、自分自身の生き方についても、考える機会となりました。

普通に暮らし、旅行も楽しめ、たまには美味しいものもいただくことの幸せ。
ありがたいことです。

by Maki No Oto | Comments (0)


少し春めいてきたのかな

2012/03/08| 7:56 PM | Category : 自分のこと, 館主の日記

s-221 001
ここのところ、気温が7~8度くらいあるようで、ずいぶん雪が消えています。
すっぽりと雪に覆われていた里山も、春の兆しがみえてきたみたい。

2月末から、余裕時間に読んでいる本・・・東野圭吾作の「麒麟の翼」です。
映画化もされているようですが、まずは本から。
面白いストーリーで、ついつい夜更かししてしまいました。

私の場合、何冊かの本を手元に置き、その時の気分で適当に読むというスタイル。
ゆっくりと時間があるとき、少しだけ時間があるときなど・・・

東野圭吾、真山仁、幸田真音、本田健、喜多嶋隆・・・今読んでいる本の作家です。

by Maki No Oto | Comments (0)


ひな祭り

2012/03/04| 9:49 AM | Category : 四季, 館主の日記

m-P1050143
昨日、3月3日はひな祭り。
宿のロビーにも、2月から我が家のひな人形を飾っています。

昨日は土曜日・・・自宅でちらし寿司や白酒で雛祭りを楽しまれた家庭も多かったのでは。

ところで、雛人形はいつ仕舞うのがいいのでしょうか。
一説によると、啓蟄の日にしまうとか・・・
いずれにしても、お天気の良い乾燥した日がいいですね。
北陸、金沢では4月はじめまで飾る習慣もあります。


by Maki No Oto | Comments (0)


弥生・・・3月

2012/03/01| 9:05 PM | Category : お知らせ&キャンペーン情報, 四季, 館主の日記

s- 31014
いよいよ弥生3月になりました。
3月は弥生のほかにも、花見月 (はなみづき)、夢見月(ゆめみつき)、桜月(さくらづき)などの別名もあるそうです。

今日は午前中に金沢大学病院で診察を。
先月21日に、CT及び血液検査をしていただいた結果を聞かせていただきました。
血液検査の数値もすべて健常。 CTの結果もOKです。

おかげさまで、2年半前の手術以降、順調に経過。
病気のことは忘れて、仕事に精をだしてください・・・ドクターコメントです。

3月は年度替わりの月ということで、卒業や退職、就職、進学などの移動もあります。
薪の音でも、これから送別会を兼ねてのご宿泊や、ご会食の席などがあります。

人生の節目を迎えるお客様のご利用が多くありますので、「薪の音」でのひと時が、楽しい思い出づくりの場となるよう、努力したいものです。

by Maki No Oto | Comments (0)


feed 先頭へ