メディア情報

9月28日(日)ソロモン流

2014/09/28| 11:05 AM | Category : お知らせ&キャンペーン情報, メディア情報, 宿, 自分のこと, 館主の日記

item_logo


テレビ東京さんの「ソロモン流」に「薪の音」が。

本日28日(日)21:54からの放送です。

修善寺のオーベルジュフェリスとともに、里山のオーベルジュ薪の音もご紹介いただけます。

地元、富山県や石川県ではテレビ東京系列の放送がないのが残念!!

「薪の音」の美味しい朝ご飯にスポットがあたります。

by Maki No Oto | Comments (0)


旅に出るなら

2014/06/05| 10:02 AM | Category : お知らせ&キャンペーン情報, メディア情報, 館主の日記

10320457_669509443124700_7228440903535592459_n


一休.COMが選んだ21の宿・・・

里山のオーベルジュ薪の音も掲載いただきました。

全国のこだわりの宿がいっぱい。

北陸では、山代温泉の あらや滔々庵も


以下は、Amazonの紹介文です。

旅に出るなら、いつまでも思い出に残る宿に泊まりたいもの。

厳選された上質なホテルや旅館のインターネット予約サイト「一休.com」が、北海道から沖縄まで、

全国から選りすぐった素敵な宿を21件紹介しています。

by Maki No Oto | Comments (0)


地場もん国民大賞・・・銅賞

2013/11/08| 1:24 PM | Category : お知らせ&キャンペーン情報, メディア情報, 地域のイベント, 未分類, 館主の日記

47639868

JAPAN FOOD FESTA 2013 – 食と農林漁業の祭典 「第1回地場もん国民大賞」 みんなで決める!  地域特産品の頂上決戦!

全国からエントリーされた日本を代表するローカルフードの中から、1次審査(厳しい書類審査で100にしぼられます)、2次審査(審査員による実食審査)を見事勝ち抜き、最終審査に進む「ファイナリスト 20品目」に、私たちの野口営農組合で生産・加工し、「薪の音」が販売している「ラム酒に漬けた干柿アイス」が選出されました。 !!!

そして、丸の内中通りでの試食投票の結果「銅賞」に入賞です。

皆様のおかげです。
Facebookの「いいね」、試食投票と多くの皆様のご支援と激励をたくさんいただきました。

南砺の、そして富山の代表として誇りに思います。
特に、試食投票では3位とのことです。

これからも、皆様の格別のご理解とご支援を心よりお願い申し上げます。


jibamon_LOGO_non

by Maki No Oto | Comments (0)


Viaggio 旅に出ること

2013/02/18| 1:28 PM | Category : お知らせ&キャンペーン情報, メディア情報, 宿, 館主の日記


m-_MG_5022


昨年10月に一休.comが新しい旅の提案ページ 「Viaggio 旅に出ること」を開設。
上質な宿に泊まる楽しさを伝えてくれるサイトです。


logo


先日より「里山のオーベルジュ 薪の音」を紹介いただいております。
お話させていただいた「内藤忍さん」の和やかな雰囲気・・・
いつのまにか緊張の糸もほぐれ、たくさんの話をさせていただきました。

宿への思い、これからの夢など、日ごろはお客様にお伝えする機会の少ないことばかり・・・
この機会に思いの一端を伝えさせていただくことができました。

お世話になった、内藤忍さん、一休の太田さん、撮影の田邉美樹さん、富山県の観光課の皆さん・・・本当にありがとうございました。



by Maki No Oto | Comments (0)


渋谷ヒカリエ 

2012/05/27| 6:16 PM | Category : お知らせ&キャンペーン情報, メディア情報, 宿, 館主の日記

__ (3)


渋谷ヒカリエで開催中の「47都道府県のデザイン旅行」・・・見てきました。
さっそく、富山県のテーブルに。

「薪の音」の浴衣、帯、館主の育てたお米などが展示されていました。
ショップに置いていた「お米」はすぐに完売となったようです。

ヒカリエの地階には、スィーツやワイン、チーズ、ハムなど興味をそそるショップがたくさん。
久しぶりに目と胃袋の保養をさせていただきました。

MSN産経ニュースの記事を紹介します。

東京一極集中から地方分権へと動きが活発化する中、「47都道府県を俯瞰(ふかん)で見る」デザインミュージアムが、東京都渋谷区の新商業施設「渋谷ヒカリエ」内にこのほどオープンした。

名称は「d47(ディヨンナナ) MUSEUM(ミュージアム)」。日本各地のものづくりや伝統工芸、若い世代の創作を発掘・支援してきた「D&DEPARTMENT(ディアンドデパートメント) PROJECT(プロジェクト)」(本社・東京)が運営。

代表でデザイナーのナガオカケンメイさん(47)は「47都道府県をフラットに見る場を作りたかった」と話す。会場には90センチ角の展示台が47台常設されており、テーマごとに各都道府県から取り寄せたモノを並べる趣向だ。

初回は「47都道府県のデザイン旅行展」。北海道から沖縄まで、デザインを楽しむ旅の情報が展示台ごとに集約されている。観光スポット、食堂やカフェ、宿泊施設、土産物に至るまで「土地の歴史やメッセージを現代、次代につなぐ意思を感じる場を選んだ」という。


__

by Maki No Oto | Comments (0)


翼の王国

2012/04/26| 1:19 PM | Category : お知らせ&キャンペーン情報, メディア情報, 宿, 雑誌, 館主の日記



m-P1050247

ANAの機内誌「翼の王国」5月号「空の冒険」・・・作家の吉田修一氏が「ナント、トヤマケン」について書かれています。
大雪の2月においでになった時の「南砺市」の様子を紹介。

「薪の音」で宿泊されたときの様子や、井波別院瑞泉寺、相倉合掌集落、城端蒔絵の小原さん、田中市長との懇談の様子なども紹介されております。

空の冒険ページは136P~139Pまで、挿絵には「薪の音ロビーと薪ストーブ」も書かれていました。


m-P1050246

by Maki No Oto | Comments (0)


家庭画報 日本が誇る「名宿」遺産

2011/12/28| 9:06 PM | Category : お知らせ&キャンペーン情報, 宿, 未分類, 雑誌, 館主の日記

m-P1050118



家庭画報2月号(創刊55周年特別企画)日本が誇る「名宿」遺産

旅の醍醐味を感じに・・・今、本当に寛げる名宿へ


7年前に、宿を開業するとき、いつか「家庭画報」に掲載いただくことができたら・・・と思っていました。

おかげさまで、良いご縁をいただくことができました。


このたびの特集に掲載いただいた記念として、世界遺産の五箇山「相倉合掌集落」へのご案内など特典がついた「特別プラン」をご用意いたしましたので、ご利用いただければ幸いです。


     家庭画報 【日本が誇る「名宿」遺産】 掲載 特別プラン


また、家庭画報さんからの読者プレゼントとして、掲載宿の「宿泊ご招待」の応募もあります。


m-P1050117

by Maki No Oto | Comments (0)


MOTO NAVI ・・・ モトナビ取材

2011/06/10| 10:43 AM | Category : メディア情報, 雑誌, 館主の日記

img_hl
先日、バイク情報誌「モトナビ」の取材がありました。
美しい女性ライダー2名が東京からのツーリングを楽しみ、里山のオーベルジュで寛ぐ・・・

「モトナビ」は、大人のためのバイク&ファッション誌。
のどかな里山の風景、大きなバイク、美しい女性ライダー・・・

ほのぼのとした感じが良かったと思います。


by Maki No Oto | Comments (1)


TVCM第2弾!!

2011/05/17| 8:14 PM | Category : CM, メディア情報, 宿, 館主の日記



毎週土曜日・・・朝日放送系の人気旅番組「旅サラダ」にて、薪の音TVCMの第2弾がオンエアー中です!!
第1弾は、男性をメインターゲットに夜10時からの報道ステーションにて。
第2弾は、女性をターゲットに「サプライズ(女性)」篇です。

by Maki No Oto | Comments (0)


テレビ東京「いい旅夢気分」

2011/05/13| 5:08 PM | Category : お知らせ&キャンペーン情報, メディア情報, 宿, 館主の日記


yokoku01
テレビ東京の人気番組「いい旅夢気分」で「薪の音」が紹介されました。
5月11日(水)午後8時からの1時間番組で、チューリップフェア、五箇山世界遺産集落、雪の大谷などの観光スポットとともに・・・

前田美波里さん、多岐川裕美さんがご宿泊・・・里山フレンチを堪能いただきました。
お二人には、個人的にも気に入っていただけたようです。

番組の放送中(8:30過ぎ)から、ご予約の電話が1時間半ほど鳴り止まない状態に・・・
また、インターネットからのご予約も続々と・・・
テレビの全国放送恐るべしです。

お二人に絶賛いただいた「薪の音の朝ごはん」はこんな感じです・・・メインはかまど炊きのご飯!!

s-makinooto 002

   

by Maki No Oto | Comments (0)


feed 先頭へ